一番特徴的な鍼の効果

 鍼灸治療が最大の効果を発揮するのは、痛みを取り去る、または和らげるというものです。
 マッサージなどでは取れないコリや痛みは、外側から触れられる部分ではなく、その奥にある筋肉に問題がある為に、押したり揉んだりではどうしてもよくなりません。

 鍼の場合、触れられる表面部分を通り抜けて痛みの根源まで到達させることが出来るので、そういった痛みを取り去ることが出来るのです。

 ↓  ↓  

鍼は腰痛には効果大です

 ぎっくり腰のような急性のものや、座りっぱなしのお仕事をされていて痛くなるような慢性的なものまでよく効きます。

 もちろんこういった症状のすべてに効くわけではありません。おそらく当院に来られる前に病院で診察されていると思うのですが、その時の診断名によって効く効かないがわかります。

 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症がそれに当たります。 これらの疾病は、骨や軟骨が関係している為、治そうにも鍼は骨へ刺すことは出来ずどうしようもありません。ただ周囲に鍼を刺し、回りの組織に柔軟性が出ることで痛みが軽減する可能性があるかもしれませんが、その場合時間がかかります。

 ですから、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などは鍼をしてすぐに痛みが和らぐということはありません。ただし、病院で診断されたからといっても、鍼をしてみたら痛みが和らいだ、なんてことがあります。ヘルニアだった場合は、診断ではヘルニアでも症状が全く出ない方がいる為です。この場合ヘルニアからの痛みはほとんどなく、鍼が効く部分から痛みが出ていたのかもしれません。
 痛みの発症には様々な要因があるので、鍼をやってみる価値はあると思います。

当院の鍼治療は、手では触れることができない体の奥にある筋肉に刺すことで、その筋肉の緊張を取り除き、そこに関連している神経、血管が解放されます。すると痛みやしびれが和らいだり、血行がよくなって足の冷えが軽くなったりします。

効能

ぎっくり腰、足のしびれ、痛み、冷え等生活に支障が出るようなものから
マッサージ等ではなかな取れないコリ、腰がなんとなくダルいなどの疲労感等の、痛くはないし生活にも支障はないけどちょっと…、という様な慢性的なものに対してもよく効きます。

鍼を体の奥底にある痛みの根源まで到達させ、それを引っこ抜くことで痛み、しびれを取り除きます。
 まだ一度も鍼をされたことのない方、どこへ行ってもなかなか痛みが取れない方などは、当院の鍼を思い切って試してみましょう。