鍼灸の保険使用について

鍼灸は保険使えますか。
鍼灸でも保険使えますよ。

鍼灸でも健康保険を使用できます。
ただし、使用する為にはお医者さんに鍼を受けてもよいという同意書(または診断書)を書いていただく必要があります。

・健康保険で鍼灸を行うためには以下の三つが必要になります
医師の同意書(または診断書)
保険証
印鑑
同意書は当院に来ていただければお渡ししますので、それを持ってかかりつけ等のお医者様へ行かれてください。

それでは以下の手順で行ってください。

手順

①当院に用紙(同意書、または診断書)がありますので、その用紙を持ってかかりつけの病院等に持参され、お医者さんに必要事項を記入していただいてください。
※往診(出張治療)が必要な場合は、その旨(歩行困難等)を書いて頂いてください。


②書いていただいた同意書(または診断書)と保険証、印鑑を当院に持参していただければ手続きはこちらでいたします。

※注意事項
・ある疾患(例えば腰痛)に対して保険を用いて鍼治療を受けた場合、その疾患(例えば腰痛)について病院で治療を受けると、その期間は鍼での保険使用はできなくなります。


・最初に医師の同意を受けてから、それ以後は3ヵ月毎に再度同意が必要です。再同意の場合には同意書は必要なく口頭で構いません。


・保険の種類によっては、患者さまご本人が手続きをしなければならない場合があります。その際はどのように手続きするかはこちらからご説明いたします。また取扱いが出来ないものもありますのでご了承ください。

※同意書にも書かれていますが、保険を使用できる疾患が限られています
①神経痛→三叉神経痛や坐骨神経痛など
②リウマチ
③頚肩腕症候群→首、肩、腕にかけて痺れがあったり、痛みがあるもの
④五十肩
⑤腰痛→ぎっくり腰も入ります
⑥頸椎捻挫後遺症→むちうち症などの首の痛みなどです
以上の六つです。これ以外でも出来ることもある様ですが、あくまでも痛みをおこしているものに限ります。